銀河英雄伝説名言集~外伝から本伝まで~たまに文字り伝~

SF超大作銀河英雄伝説の名言集を外伝から本伝にかけてまとめてみました!また好きな台詞を文字って自己満足にふけっていますw

白銀の谷~KapⅡ~その5

ナレーション「ラインハルト・フォン・ミューゼルとジークフリード・キルヒアイスにとっての最初の戦いは武勲や野心を云々する以前に生きるための戦いとして現れたのであった。」

 

これは個人的に名言にしたかっただけですね!

本伝から読んでいるとラインハルトとキルヒアイスがかつてこんな目にあっていたなんて全く想像も出来ませんでしたからね。ちなみに銀河英雄伝説外伝はかなり長いこと艦隊戦のシーンはありません。

 

銀河英雄伝説のナレーションは屋良有作さんが担当されていますが、聴いていると不思議な感じがするのが特徴です。

不思議な感じとは何か?

SF小説のはずなのになぜか過去の歴史の逸話を語っているような雰囲気を感じることです。これがまた銀河英雄伝説の見どころというか聴きどころというか…味が出るんですよね~…

白銀の谷~KapⅡ~その4

ラインハルト「姉上の作ってくれた玉ねぎのパイが食べたいな~熱~いコーヒーにクリームを…」

ラインハルト&キルヒアイス「たっぷり入れて!」

 

これが何故名言なのか?

それは本伝から観始めて、外伝を初めて観たときに感じる「お前らこんなに仲良かったのかよ~!?」という総突っ込みがあるシーンだからですwww

外伝の見どころってラインハルトとキルヒアイスが二人で協力して出世していくっていうサクセスストーリーですよね。

ラインハルトがキルヒアイス無しではとてもあそこまで出世できなかったし、生き残れなかったのが良く分かるのも、いいですよね。

 

銀河英雄伝説をまだ観たことがなく、全くネタを知らないというひとは外伝から観たほうがいいかもしれません。

 

 

白銀の谷~KapⅠ~その3

ラインハルト「幼年学校では軍規を乱す者には上官たる者、毅然たる態度で臨むよう教わりましたが、やはり前線では理論通りにはいきませんか?」

 

女性を暴行していた兵士たちに殴りかかったキルヒアイスが基地内で乱闘に及んだということで処罰されそうになったので、ラインハルトが弁護していたシーンで出た名言!

 

この台詞は非常に訴えかけるところがあると思います。なぜならこの台詞は組織が腐っている状態を分かりやすくかつ皮肉を込めて代弁しているからです。

組織が腐っている状態とは「規律が完全に形骸化している状態」あるいは「規律を守らないくても誰にも咎められないような状態」のことではないでしょうか?

また、「現場は理論通りにはいかない」という創造性の欠片もない言葉に対して、皮肉で返している点でも実に面白い台詞ではないでしょうか?

腐敗した組織では「現場は理論通りにはいかない」という言葉が「規律を守らないのも当然」という誤った解釈をされているのでしょう。

 

白銀の谷~KapⅠ~その2

ラインハルト「キルヒアイス、お前はゴミ溜めの中にも美点を見出すタイプだな。俺などに出会わず、学校の教師などにでもなっていれば生徒の長所を活かすさぞいい教師でもなっていたかもしれんな。」

 

いつものようにラインハルトが不満をたらたら言っているなか、キルヒアイスはひたすらポジティブな返しをしてくれます。

キルヒアイスのような優しい先生がいればなぁ~…

 

 

なんだか新たな名言が生まれそうです。

ジークフリード・キルヒアイスが教師であれば…」

 

白銀の谷~KapⅠ~その1

ラインハルト「創造性の欠片もない発言で厳格さを装うような上官は尊敬には値しない。」

 

着任早々に出たラインハルトの皮肉

無能な上司や先輩の見分け方に使えそうな名言ですよね。

上司や先輩の発言をよく聴いてみれば創造性の欠片もないことを言っていることに気付くでしょう。

例えば、

「俺んときはもっと大変だった!」

「お前らは恵まれている!」

「俺にできるんだからお前にも出来るよ!」

などなど、誰でも言いそうな台詞でしょう。

ちなみにそういう人はおだてると簡単に調子に乗ります。

乗らせてテキトーにあしらいましょう。

あなたに無駄に絡んでくると思いますが、悪意は持たれません。

以下返し方と当人の心境

「俺んときはもっと大変だった!(大変だった俺すげぇだろ!)」

→「そうなんですか!?信じられないですよ~!よく今日までやっていけましたね(驚きを込めて言いましょう)」

「お前らは恵まれている!(恵まれてない俺すげぇだろ!)」

→「そうなんですか?前ってどんな感じだったんですか?(興味あり気に質問しましょう。調子に乗ってきますが、乗らせておきましょう)」

「俺にもできるんだからお前にも出来るよ!(俺お前に出来ないことできるから)」

→「そうですかねぇ…~さんみたいに出来るようになりたいので、今後も教えてください(泣きそうな顔で言うと相手のプライドをくすぶるので簡単に調子に乗ります。)」

 

う~ん…こんな感じでブログ書いていったら何年もかかるなwww

銀河英雄伝説名言集始めました。

以前からやりたいと思っていたこの企画…

 

「そう…これが欲しかったのだ…行こうかキルヒアイス…俺とお前の宇宙を手に入れるために…」

 

高揚感を表す台詞として適切な表現が出てきたところで、地味に続けていきたいと思います。

 

進め方としては本伝第一話からにしようと思ったのですが挫折の危険性があるし、みなさんよく書いていらっしゃるので、外伝の一話からにしようと思います。

 

よろしくお願いいたします。